Quality is Our Recipe

201705.04 世界で人気、ウェンディーズ・クオリティ。

  • 『歴史のはじまりと、創設者デイブ・トーマス。』

    ウェンディーズの歴史は、1969年、アメリカ・オハイオ州で誕生した第1号店からスタートします。その創設者が、デイブ・トーマス。
    焼きたてのおいしいハンバーガーに、お客さまが選ぶトッピングをのせてご提供していました。
    デイブがなによりもこだわり抜いたのは「品質」。そして、彼はその人生で「あなたがされたいことを他人にもしてあげる」という思想を徹底しました。
    「ただ優しくしなさい」という彼の思いと熱意はそのまま引き継がれ、The Wendy’s Companyは、現在世界29の国と地域で6,515店舗※を展開する世界第3位のハンバーガーレストランチェーンに成長を遂げました。ウェンディーズのロゴマークにあしらわれている、赤毛の三つ編みがキュートな女の子。このおなじみのキャラクター「ウェンディーちゃん」は、実は創業者・デイブの最愛の娘がモデルとなっていま
    す。※2014年度実績
  • 『QUALITY is our recipe 品質こそがレシピです。』

    素材、料理、サービス、雰囲気、すべてに最高の「品質」を求めていくことがウェンディーズの原点。デイブ・トーマスがウェンディーズを始めたとき、彼はまず品質の基準を設けました。
    そして、デイブはご提供するメニューだけではなく、生き方にも品質を求めていました。その最たるものは、人に敬意を持って接すること。
    「We don't cut corners on quality(わたしたちは、品質に手を抜かない)」という彼の口癖は、現在もお客さまへのサービスの姿勢となっています。
    ウェンディーズのロゴにある「QUALITY is our recipe」という言葉。デイブの哲学は、今も変わることなく受け継がれているのです。
  • 『ウェンディーズのビーフパティは、なぜ四角い?』

    ウェンディーズのハンバーガーといえば、四角いカタチのビーフパティ。これは、創業者・デイブの言葉「don't cut corners(角をカットしない→手抜きをしないという意味)」にちなんだもの。混ざりものなし、100%ビーフならではのあふれる旨みと、食べごたえ満点のボリューム感も自慢です。
    ウェンディーズでは、このビーフパティを焼くことからハンバーガーを組み立てるまでの各工程で最新の調理機器を駆使し、より短い時間でのご提供を可能にしています。
    野菜も毎日届く新鮮なものを使用。大切にしたのは、おいしさと安心をお届けするということ。
    1つ1つ店内でオーダーを受けてから丁寧に作られるウェンディーズのメニュー。
    そのすべてに、創業より伝わる品質へのこだわりと、人への敬意・やさしさが息づいています。
  • 『本場アメリカで大ヒット、プレッツェルバーガー。』

    他では味わえないウェンディーズならではのプレミアムバーガーメニュー、プレッツェルバーガー。
    その特徴はなんといってもバンズにあり。ドイツの伝統的な焼き菓子プレッツェルの製法をもとに、表面は香ばしく、中はやわらかく仕上げています。しっかり食感のあるプレッツェルバンズは、肉厚でジューシーなビーフ100%パティともベストマッチ。その豊かな味わいを、甘くスモーキーなハニーマスタードがさらに引き立てます。
    プレッツェルバーガーは、2013年にアメリカで発売されると、その年もっとも話題になったバーガーとして全米メディアで大きく取り上げられました。そして2014年、バンズのモチモチ感や甘み、塩加減などを日本人に合うようにアレンジして、ついに日本上陸。
    ハンバーガーの本場アメリカを唸らせた本物のおいしさを、どうぞお楽しみください。

Our SNS

YouTubeYouTubeInstagramInstagramTwitterTwitterFacebookFacebook